iPod touch 第6世代のA8プロセッサは若干劣る

iPod touch 6

新型「iPod touch」は、A5プロセッサからiPhone6に使用されているA8プロセッサにアップグレードされています。iPod touchのA8プロセッサは、現在のiPhoneよりも動作クロック数が低いそうです。iPhone6の動作クロック数は、1.39GHzだが、iPod touchは1.10GHzで動作しているように思われます。しかし、iPhone6と同じように1GBのRAMが搭載されています。

旧モデルのiPod touchと比較すると、ベンチマークは1376から2440と大幅に進化しています。iPod touchのA8プロセッサは、バッテリー消費を少なくする役割を持っています。旧世代からCPUは6倍、ゲームのためのグラフィック性能は10倍もよくなります。

ちなみに、早めに注文した人は既にiPod touchは発送されており、首都圏に近い人は金曜日、遠い人は土曜日の到着予定となっています。

情報元:techcrunch.com

※当ページに記載されている情報は全て記事執筆時点のものです。

関連記事
検索
デジカテライフとは?

デジカテライフは、主にデジタル・IT関連のニュースや情報を掲載するサイトです。ネットで話題のニュースや気になるニュースなども紹介します。デジタルやインターネットテクノロジーを取り入れた日常生活をしていきましょう。