【スマホで副業】思った事を書くだけ。文書作成でお金を稼ごう!

スマホ

最近、スマホで副業をしてお小遣いを稼ごうとする人が増えています。中には、お小遣いレベルではなく、数十万稼ぐ人も存在します。今回は「文書作成」について紹介します。

思った事を書くだけの「文書作成」

クラウドソーシングというサイトを使って、文書を作成して報酬を貰うという方法です。「○○の記事を書いてください」と依頼している方が多数いるので、指定された内容で空いた時間にスマホを使ってポチポチと文書を作成するということです。500文字以上など文字指定があります。

「クラウドソーシング」募集案件

例1

件名
車椅子についての記事作成(1500文字以上)
単価
500円/件
内容
車椅子に関する記事を自由に作成お願いします。

例2

件名
好きな芸能人についての記事作成(500文字以上)
単価
150円/件
内容
お笑い芸人、歌手など芸能人に関する記事の作成をお願いします。

例3

件名
普段使っているスマホアプリについての記事作成(300文字以上)
単価
70円/件
内容
普段使っているスマホアプリについて知らない人に紹介するような形で記事作成をお願いします。

文書作成の報酬例

500文字以上の案件を1時間に2回完了とすると、時給300円となります。1日10回お仕事を完了するとしたら、日給1500円です。1ヶ月で45,000円です。決して多くはないですが、文章を考えるだけでこの金額を貰えるとしたらいいのかも?

文書作成ができるおすすめの「クラウドソーシング」

第1位 ランサーズ

サイト:https://www.lancers.jp/

日本最大級のクラウドソーシングです。おそらく、日本で一番利用者が多く、日本で一番お仕事の数も多いサイトです。フリーランサーや副業をする方に便利なサイトにしようという取り組みをされています。

第2位 クラウドワークス

サイト:https://crowdworks.jp

ランサーズの次に利用者とお仕事の数が多いサイトです。ランサーズとしくみも使い方も似ています。ただ、ランサーズよりも単価は安め。

クラウドソーシング「ランサーズ」

サイト:https://www.lancers.jp/

日本で一番利用者が多いため、お仕事の案件の数も多いです。空いた時間や自分のスキルを使って収入を得るには最適なサイトです。「タスク方式」「コンペ方式」「プロジェクト方式」というものがあります。

「タスク方式」は早い者順。文書作成など安価なお仕事向けです。「コンペ方式」は依頼されている仕事を完了したら報告し、採用されたら報酬が貰え、採用されなかったら時間の無駄になる方式。「プロジェクト方式」は、応募時に提案をします。採用されたらそこからお仕事をし、報酬をもらいます。プロジェクト方式は今まで制作したサンプルや実績が重要になります。

会員登録・利用料
無料
お仕事の数
★★★★★
サイトの使いやすさ
★★★★☆
単価
★★★★☆
受注者手数料
20%(10万円以下の場合)

クラウドソーシング「クラウドワークス」

サイト:https://crowdworks.jp

全てに対して、ランサーズの次に評価されるクラウドソーシングサイトです。しくみや使い方もランサーズに似ています。ランサーズより利用者数、お仕事数は少なく、お仕事の単価もランサーズより若干低いです。

会員登録・利用料
無料
お仕事の数
★★★★☆
サイトの使いやすさ
★★★★☆
単価
★★★☆☆
受注者手数料
20%(10万円以下の場合)

※当ページに記載されている情報は全て記事執筆時点のものです。

関連記事
デジカテライフとは?

デジカテライフは、主にデジタル・IT関連のニュースや情報を掲載するサイトです。ネットで話題のニュースや気になるニュースなども紹介します。デジタルやインターネットテクノロジーを取り入れた日常生活をしていきましょう。