レオパレス、2018年からスマートスピーカーを新築全戸に標準装備。賃貸住宅のIoT化

スマートスピーカー

レオパレス21は、株式会社グラモが開発中の人工知能(AI)スピーカーを搭載したスマートステーション端末を、2018年1月ご契約の物件から新築全戸に標準装備するとアナウンスしました。

レオパレス21「賃貸住宅のスマートホーム」

設置されるスマートステーション端末は、AI音声認識スピーカー機能に加え、既に標準搭載されているスマートロック『Leo Lock』との連携や家電制御、AIスピーカーを利用した様々な音声案内サービス、また、センサー連携による住環境の自動制御が可能な組み込み型設備とのこと。

スマートステーション端末の主な機能

  • AIスピーカー
    高精度AI音声アシスタントを搭載しており、音声で音楽の再生や家電操作、天気予報やニュースといったインターネットサービスとの連携が可能です。
  • 家電制御機能
    赤外線やBluetoothによる家電制御に対応しており、エアコン、テレビ、照明といった備え付けの家電がスマホや音声で制御可能です。
  • Leo Lockとの連携
    スマートロックである『Leo Lock』と連携することにより、玄関鍵の施錠・開錠と連動して照明やTV、エアコンなどの家電制御や、プッシュ通知など様々な機能を実行させることが可能です。
  • スマホからの操作
    スマートフォンによって、外出先から『Leo Lock』や家電の操作、センサー情報の取得が可能です。
  • 入居者様向け情報サービス
    レオパレス21の入居者様に対する様々な情報提供サービスを予定しております。音声で話しかけるだけで、会話形式で必要な情報を音声でお知らせします。(例:ゴミ捨て曜日案内、宅配便受け取り案内、イベント案内・・・等を予定)

ネットでは、レオパレスの壁が薄いという情報が広まっていることから、AIスピーカーを部屋に置くと隣の部屋のAIスピーカーが反応するのでは?という声があるようです。

※当ページに記載されている情報は全て記事執筆時点のものです。

関連記事
検索
デジカテライフとは?

デジカテライフは、主にデジタル・IT関連のニュースや情報を掲載するサイトです。ネットで話題のニュースや気になるニュースなども紹介します。デジタルやインターネットテクノロジーを取り入れた日常生活をしていきましょう。